My External Storage

Oct 22, 2018 - 3 minute read - Comments - vim go

vim-goの自動補完が効かないときの調べ方(gocode が Error parsing input file (outer block)) #vim #go

goimportsなどが更新されていたので、vim-goGoUpdateBinariesコマンドを実行したらvimで自動補完が効かなくなった。
結局はgocodeの調子が悪いことが多いので、原因の調べ方をまとめる。
(今回の場合は let g:go_gocode_propose_source = 0 で解決した。)

Oct 10, 2018 - 4 minute read - Comments - react redux

redux-actionsのcreateActionでFlux Standard Actionに則ったerror=trueなActionを作る #react

redux-actionsを使うと、Flux Standard Action(FSA)に則ったActionを簡単に作れる。
が、エラーがあったときのAtionはどう作ればよいのだろう。
よく読めば公式に書いてあるのだが、直接的なコードはなかったのでメモ。

Sep 28, 2018 - 6 minute read - Comments - react test

Jest( >23.0.0 )、enzymeでReactのテーブル駆動テストを行う #react #test

Reactでもテーブル駆動テスト(データ駆動テスト)がしたいと思い、Jestを使ってみた。 ステートレスなコンポーネントがちゃんと設計できていれば入出力は冪等になるので、Reactとテーブル駆動テストは非常に相性がよさそう。 enzymeを使えばDOMアクセスも簡単だった。 ただ、Jestのバージョンが23.0.0以上じゃないとeachメソッドが使えないので、create-react-appで作ったプロジェクトの場合はejectする必要があった。

JestはJavascriptでrspecのようなテストが書けるツール。enzymeはairbnbが作成したいい感じにDOMにアクセスできるAPIライブラリ。

Sep 12, 2018 - 3 minute read - Comments - react flow vim

Vim + ALEでReact+Flowなファイルを開くと'type aliases' can only be used in a .ts file.と怒られる #react #eslint

create-react-appを使って、React + Flowな開発を始めようとしたら以下のLintエラーがVimから出るようになってしまった。

  • 8008: 'type aliases' can only be used in a .ts file.
  • 8011: 'type arguments' can only be used in a .ts file.

(今回は)TypeScriptは使うつもりをないので.tsファイルと言われても困ってしまう。
エラーメッセージをググってもググってもVSCodeのエラー解決しか見つからなかったのでメモ。